週末の散歩道

My daily photo

山道には~(^^♪

続きです
オオバキスミレの他にも、トクワカソウが満開でした
いつもだったら麓付近はとっくに花期が終わっていて、かなり登らないと逢えなかったのですが
この日は登山口からピンクの花で溢れていました                  (2015.4.25)




トクワカソウ

トクワカソウはイワウチワの変種で
日本海側の低山や亜高山帯に分布する植物です
葉の基部がくぼんでいるのがイワウチワ、トクワカソウはくぼみはなく円形です
でもいつ見てもそっくり


150425t4.jpg



150425t2.jpg




150425t3.jpg




150425t1.jpg




冬は豪雪地帯
雪の重みでブナの木がこんなに曲がって

その周辺にもトクワカソウ

150425f5.jpg




キンキマメザクラ


名前も可愛い

150425km1.jpg




バイカオウレン

150425b1.jpg




麓では
日本海側に分布するニシキゴロモ

150425n1.jpg



イワナシも咲き残っていました

150425i1.jpg




150425f2.jpg


芽吹いたばかりの木々の緑が
この季節ならではの優しい表情を見せてくれました

まだ時間もたっぷり
この山に別れを告げて向かった先には~


  1. 2015/04/30(木) 19:57:56|
  2. 山の花
  3. | コメント:4

オオバキスミレの咲く山で



そろそろかなと思って出かけたスミレ咲く近畿の山
季節は春爛漫というにはほど遠く、まだ春が始まったばかり

その中でお気に入りのオオバキスミレが咲きだしていました
登山道のあちこちで咲く初々しい黄色のスミレ
ビタミンカラーは春の色                               (2015.4.25)




いきなり登山口から雪
この先を心配してしまいまいましたが、大丈夫でした
山頂付近ははアイゼンをつけないと歩けなかったようで、
途中でUターンしてくるハイカーさんたちからの情報で
この日は花咲く場所まで

150425f1.jpg




オオバキスミレ

大きな葉の緑と黄色の花とのコントラストが美しい
キスミレ同様、お気に入りのスミレ

150425ok1.jpg




150425ok4.jpg




150425ok3.jpg




150425ok11.jpg




150425ok8.jpg




150425ok6.jpg




サンインタチツボスミレ

葉の基部が切形~浅い心形の日本海側に咲く小さなスミレ

150425st1.jpg




間もなく開花しそう
特徴のある葉も魅力

150425st2.jpg



こちらの葉はハグロっぽい

150425st4.jpg



花色が鮮やかな個体も

150425st6.jpg




スミレサイシン

山中では目覚めたばかりです

150425ss2.jpg



麓ではこんな感じ

150425ss1.jpg




150425ss3.jpg




展望の開けた場所では、いつものように軽いランチタイム
眼下には萌黄色のグラデーション

150425f3.jpg


5月も間近なのに雪が残っています

150425f4.jpg



楽しみにしていたシハイやマキノは就寝中
いつもより早かったせいか、登山道の周辺にはあの花の群落が・・・・・
次回に続きます



  1. 2015/04/28(火) 19:17:28|
  2. スミレ
  3. | コメント:2

ケイリュウタチツボスミレ


木曽路シリーズ最終章は
渓流沿いに咲くケイリュウタチツボスミレ
奥三河に続いて、ここでも咲き始めました                   長野 (2015.4.18)



ケイリュウタチツボスミレ

花数はまだ少ないものの、スマートな顔立ちの渓流のスミレ

150418k2.jpg



150418k3.jpg




150418k1.jpg




150418k4.jpg








道中 、周辺を見回すとお堂の前に
しだれ桜の老木が

これは停まらなくっちゃ(^O^)

150418f5.jpg




150418f6.jpg


  1. 2015/04/24(金) 23:00:07|
  2. スミレ
  3. | コメント:4

木曽路の春 続き




春が始まったばかりの山道には
スミレの他にはこんな花々も                 長野 (2015.4.18)



ハシリドコロ

柔らかな若葉からは想像もつかないような
猛毒の植物には、うつむき加減に咲くエンジ色の花が


150418h1.jpg




150418h9.jpg




ヒゲネワチガイソウも仲良く並んで

150418hw2.jpg




150418hw3.jpg




ヒトリシズカはまだ目覚めたばかり

150418hs1.jpg




ニッコウネコノメソウ

150418n1.jpg




ニリンソウ

往路では気温が低すぎて
花を閉じていたニリンソウも復路では開花

150418n2.jpg




150418n3.jpg




ジュウニヒトエが岩の隙間から横向きに

150418j1.jpg



カツラの大木

落葉の頃にはきっと辺り一面
メープルシロップのような香りに包まれるでしょう

150418f4.jpg



スミレの咲く季節以外でも多くの植物が咲き乱れ
楽しめそうな雰囲気の里山でした



  1. 2015/04/22(水) 23:29:27|
  2. スミレ 山の花
  3. | コメント:4

木曽路の春

スミレ咲く山道が懐かしく、里山を歩いてきました
麓では桜が満開で春爛漫ですが、ここではまだ固い蕾
昨年より一週間早かったせいか、咲いていたスミレはエイザンとヒナスミレ、タチツボスミレだけでしたが
スミレと一緒に歩け幸せ気分の週末でした                 長野 (2015.4.18)



エイザンスミレ


なんて優しい表情なんでしょう

150418e1.jpg



150418e3.jpg


横顔も

150418e15.jpg




150418e5.jpg




150418e17.jpg




150418e13.jpg




150418e6.jpg




150418e16.jpg




シロバナエゾスミレ
(エイザンスミレの白花)

150418e2.jpg




150418e14.jpg



顔はヒゴに似ているけれど、葉はエイザン
やはりシロバナエゾスミレかな??

150418e10.jpg


これも葉が細いような?

150418e12.jpg







ヒナスミレ

咲き出したばかりで初々しい
3月の豊田に続いて
ここでもスミレのプリンセスに出会えました


小さな蕾はヒゲネワチガイソウ

150418h4.jpg




150418h5.jpg




150418h7.jpg




150418h8.jpg




150418h6.jpg




タチツボスミレ

150418t2.jpg




里山からは残雪の中央アルプスが

150418f1.jpg




150418f3.jpg



次回に続きます


  1. 2015/04/20(月) 19:47:57|
  2. スミレ
  3. | コメント:6

キバナハナネコノメetc.



奥三河の春を彩るのはやはりこの花でしょう
東海地方だけに分布するキバナハナネコノメ
花弁のように見えるのは萼裂片ですが
チャームポイントのオレン色の葯がアクセントになって
なんとも可愛らしい                                  奥三河 (2015.4.12)



キラリネコノメソウの季節 



キバナハナネコノメ


150412kn5.jpg




150412kn8.jpg




150412kn3.jpg




150412kn4.jpg




トウノウネコノメ

なんとか咲き残っていました


150412tn5.jpg




150412tn3.jpg




タチネコノメソウ?

150412tn2.jpg




150412tn1.jpg




ニッコウネコノメソウ

150412nn1.jpg



コガネネコノメソウ

150412kn1.jpg






  1. 2015/04/19(日) 10:57:57|
  2. 山の花
  3. | コメント:0

トウゴクサバノオetc.


沢沿いで謳うように咲くレモンイエローの小さな小さな花
キンポウゲ科の植物らしく光にとても敏感で
お天気のいい日にしか開花しません
一年ぶりの再会は笑顔で~          奥三河 (2015.4.12)



トウゴクサバノオ


150412t5.jpg




150412t4.jpg




すでに名前の由来の鯖の尾状態になった果実も出来ています

150412t6.jpg



こちらはひっそりと

150412t8.jpg




150412t7.jpg




150412t2.jpg






ワダソウ


150412w2.jpg




150412w1.jpg




150412w3.jpg









渓流沿いでは
ケイリュウタチツボスミレ

昨年初めて木曽路で見たケイリュウタチツボスミレがここでも咲きだしていました
切形の葉、細弁の花、分かりやすい特徴です


150412kt1.jpg




150412kt4.jpg




150412kt3.jpg




150412kt6.jpg




周辺では

サクラタチツボスミレ

150412st1.jpg




150412st2.jpg




ニオイタチツボスミレ

150412nt1.jpg



おちびさんのマキノスミレ

150412m1.jpg



  1. 2015/04/17(金) 20:36:42|
  2. スミレ 山の花
  3. | コメント:5

トウカイスミレ


奥三河にもようやく春がやってきました
待ちに待ったトウカイスミレの開花です
この日はあちこちで花友さんに出会えて嬉しい限り                    奥三河 (2015.4.12)



トウカイスミレ

目覚めたばかりです

150412to8.jpg




150412to2.jpg




150412to5.jpg




150412to3.jpg




150412to10.jpg




150412to1.jpg




150412to6.jpg



ナガバノスミレサイシン

150412ns1.jpg




ユリワサビ

150412y1.jpg




150412y2.jpg



  1. 2015/04/15(水) 01:11:02|
  2. スミレ
  3. | コメント:6

フモトスミレetc.


ご近所スミレの続きです
ほとんどが終盤でしたが、まだなんとか咲き残っていました
珍しいスミレはないものの、毎年この時期訪ねるのが楽しみなフィールドです      知多半島 (2015.4.11)



フモトスミレ

150411f4.jpg




150411f5.jpg




150411f2.jpg




150411f3.jpg




ニオイタチツボスミレ

150411n1.jpg




150411n3.jpg




150411n2.jpg




150411n4.jpg




ニョイスミレ

150411ny1.jpg




150411ny2.jpg




ヤマザクラ舞い散る散歩道

150411t1.jpg




150411t2.jpg


雨上がりの週末
ほんの束の間のスミレ散策でした
さて 翌日は・・・・・・(^^♪

  1. 2015/04/13(月) 23:15:33|
  2. スミレ
  3. | コメント:6

マキノスミレ


しばらく行かないうちに終盤を迎えようとしていた隣町のマキノスミレ
日向ではピークを過ぎ、日影ではなんとかギリギリセーフで間に合いました    
年明けには探してやっとのマキノも今では溢れんばかりの咲きっぷり       知多半島 (2015.4.11)


マキノスミレ

150411m1.jpg




150411m3.jpg




150411m4.jpg




150411m8.jpg




150411m9.jpg




150411m6.jpg




150411m10.jpg




150411m11.jpg








アリアケスミレ


150411a2.jpg




150411a3.jpg




150411a4.jpg



次回に続きます

  1. 2015/04/13(月) 01:15:59|
  2. スミレ
  3. | コメント:0

ツヤスミレ


タチツボスミレの仲間は多く、ツヤスミレもその一つ
タチツボスミレの海岸型で、葉は肉厚で名前の通りツヤがあるのが特徴です

今年も咲き初めました
海岸型の植物はスミレに限らず、厳しい環境の中でも
小さくても逞しい                                       蒲郡 (2015.4.4)






海岸の岩場で海を眺めるように


150404ts2.jpg




150404ts3.jpg




150404ts1.jpg




150404ts5.jpg




150404ts4.jpg




150404ts6.jpg




150404ts7.jpg




150404ts8.jpg




↓こちらは数年前に撮ったものですが日本海側の海岸に咲いていた
いつの日かもう一度見てみたい海辺のスミレ

イソスミレ

120421i5c1.jpg




アナマスミレ

120421a6c2.jpg









ハマダイコンも

150404hd1.jpg




岩場のグミ

150404f2.jpg




150404f1.jpg


この後 花友さんお二人の写真展会場のカフェがある豊橋まで
素晴らしい作品を見た後のコーヒータイム

150404c1.jpg



  1. 2015/04/11(土) 08:28:44|
  2. スミレ
  3. | コメント:2

スミレ



このスミレの名前はスミレ(和名) マンジュリカ(学名)とも呼ばれています
身近なスミレなのに、最近ではなかなかお目にかかれなくって
久しぶりのスミレでした

ここでもすごい群生
この日はサプライズなことばかり
まるで玉手箱を開けているような気分の一日でした                       静岡 (2015.3.29)




150329s1.jpg




150329s2.jpg



雨に濡れてしっとりと

150329s3.jpg




150329s7.jpg




150329s5.jpg


原っぱ一面のスミレ

150329s4.jpg




小さなヒメスミレも可愛らしい

150329h1.jpg




150329hs1.jpg




4人で歩いた遠州フラワーロード
同行してくださったみなさまにSpecial thanks


  1. 2015/04/09(木) 01:05:44|
  2. スミレ
  3. | コメント:5

ハルリンドウ

見慣れたハルリンドウも初めてのフィールドではとってもフレッシュ
ここではなぜかブーケのような株が多く
嬉しくなるような花数です

野草に関心を持つようになったのが葦毛湿原のハルリンドウでした
なんて小さくて、なんて綺麗なブルーなんだろうと思いました
あれから十数年
私には思い出深い植物です                               静岡 (2015.3.29)




咲いた 咲いた ハルリンドウが咲いた




150329hr5.jpg




150329hr3.jpg




150329hr6.jpg




150329hr2.jpg




150329hr8.jpg




150329hr7.jpg



この場を離れようとした時、花友さんが白花のハルリンドウを発見\(^o^)/
ピンクのものはよく見かけますが白花は初めてでした


150329hr1.jpg




150329hr9.jpg




150329hr10.jpg









コスミレ

150329ks1.jpg



ニオイタチツボスミレ

150329nt1.jpg




150329nt2.jpg


次回に続きます
  1. 2015/04/07(火) 00:55:10|
  2. 野の花 山の花
  3. | コメント:7

ヒメフタバラン



静まり返った森の中で、風景に溶け込むように咲いていた
ヒメフタバラン

とても地味で渋すぎる花色ですが、れっきとしたラン科の植物
森の中では存在感たっぷり                               静岡 (2015.3.29)




中央の主脈に白いラインのある個体もありました

150329hf1.jpg



150329hf4.jpg




150329hf3.jpg



蜘蛛の糸で結ばれて

150329hf9.jpg




150329hf10.jpg




150329hf6.jpg



花色が緑色とは珍しい
それともこれから変化するのかしら

150329hf7.jpg




150329hf5.jpg




150329hf11.jpg




川沿いには爽やかなセントウソウも

150329st2.jpg




150329st1.jpg



ヤマルリソウ

150329y1.jpg



遠州フラワーロード、まだまだ続きます

  1. 2015/04/06(月) 19:44:53|
  2. 野の花 山の花
  3. | コメント:4

ヒメミヤマスミレ



2年ぶりのヒメミヤマスミレは小躍りしたくなるような群生
初めてのフィールドでの再会は嬉しくって 嬉しくって

出会いは一期一会
とても新鮮で美しいヒメミヤマスミレでした                        静岡 (2015.3.29)




150329h9.jpg




150329h7.jpg




150329hm2.jpg




150329h4.jpg




150329h8.jpg




150329h6.jpg




150329h5.jpg




150329h11.jpg




150329h12.jpg




150329h3.jpg






こちらは

2013年のヒメミヤマスミレ

  1. 2015/04/04(土) 22:16:27|
  2. スミレ
  3. | コメント:12

コシノコバイモetc.

いつものフィールドでコシノコバイモが咲く季節がやってきました
落葉樹林下でうつむき加減に咲く釣鐘型の花は
ミノコバイモ同様、可憐です                                  (2015.3.28)                                        



用事を済ませて午後からの観察
光が強すぎて悪戦苦闘^_^;

日本海側の北陸地方に多いユリ科の植物ですが
ここ愛知と岐阜の県境でも見れるとは嬉しい


コシノコバイモ


150328k3.jpg




150328k4.jpg




150328k5.jpg




咲き出したばかりの
シロバナ?ナガバノスミレサイシン

150328n1.jpg




150328n2.jpg




150328n4.jpg



ここでもマキノスミレ

150328m1.jpg



次回は花友さんたちと歩いた遠州路の花々を~





  1. 2015/04/04(土) 01:15:26|
  2. 野の花
  3. | コメント:0

春の儚きもの



今日から4月がスタート
3月の野をピンクに染めたカタクリも
今頃きっと花期を終えていることでしょう
そして、しばらくすると地上から姿を消してしまいます
植物が輝くのはほんの一瞬
そんな時に出会えた早春の花                              飯盛山@足助 (2015.3.22)






ピンクピンクの中での白い一輪
チュールドレスに身を包んだプリマドンナのよう

150322k1.jpg





150322k3.jpg


陽だまりの中で

150322k2.jpg




150322k4.jpg




150322k9.jpg




150322k5.jpg




150322k6.jpg




150322k7.jpg




150322k8.jpg








咲き出したばかりのヤマルリソウ

150322y1.jpg




150322y2.jpg



ミツマタ

150322m1.jpg




150322f1.jpg



山の中で楚々として咲くカタクリの花は格別なもの
観光地のものはもういいかなと思いつつも
この群落の前ではカメラを向けている私がいました(笑)



  1. 2015/04/01(水) 19:32:27|
  2. 野の花
  3. | コメント:4

プロフィール

fumifumi

Author:fumifumi
ようこそ~♪
週末は野山にいます

くまック


ブログパーツの森

カレンダー

03 | 2015/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

from2012.4.23

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する