週末の散歩道

My daily photo

キスミレ



今年もキスミレ 


山道を登ると
そこには柔らかな日ざしに輝く
眩しいほど鮮やかな黄色のスミレ
時折ウグイスの囀りなど聞こえて
気分は最高
2週間前は葉っぱすら展開していなかった稜線に
爽やかな風が吹き抜けていきます                             豊橋(2014.3.29)




140329k1.jpg




140329k2.jpg




140329k3.jpg




140329k4.jpg




140329k5.jpg




140329k10.jpg




140329k9.jpg




140329k7.jpg




140329k8.jpg







キスミレの他にこの日出会ったスミレたち


フモトスミレ


140329f3.jpg




140329fm3.jpg




140329fm1.jpg



マキノスミレ

140329m2.jpg




140329m1.jpg



ニオイタチツボスミレ

140329nt1.jpg




140329nt3.jpg



タチツボスミレ

140329t1.jpg



丸みを帯びた優しい表情のお気に入りのキスミレに再会できて
大満足
フモトもマキノも可愛い
2週間前早過ぎたヒナスミレも気になったのですが時間切れです

次回はこの日のスプリングエフェメラル登場です^_^



  1. 2014/03/31(月) 19:52:52|
  2. スミレ
  3. | コメント:16

春爛漫の伊吹山麓 その2

春の儚い命
スプリングエフェメラルと呼ばれる植物群はどれも気候や気温にとても敏感
アズマイチゲやキバナノアマナもその一つ
いち早く春を告げてくれます

この日は妖精日和
満面の笑みを浮かべて迎えてくれました                            (2014.3.23)





アズマイチゲ

140323a1.jpg




140323a2.jpg



140323a3.jpg



群生するアズマイチゲ
お花畑のようです
嬉しいことに昨年より花数が増えました

140323a6.jpg




140323a7.jpg



たまには真正面から
よく似たキクザキイチゲと違う点は
葉が垂れ気味になること

140323a4.jpg



土手にもあちこちに

140323a5.jpg









キバナノアマナ

バックには名残のセツブンソウ

140323k2.jpg




140323k4.jpg




140323k1.jpg



スズシロソウ

140323sz1.jpg



そろそろかなと思ったのですが
イワナシはまだ蕾でした

140323i1.jpg


やはり伊吹は山麓も山も花のフィールド
次回の訪問が楽しみです




  1. 2014/03/27(木) 01:34:29|
  2. 野の花
  3. | コメント:10

春爛漫の伊吹山麓 その1

気温がぐんぐん急上昇
セツブンソウも終わり
伊吹山麓にもまたいつもの静けさが戻ってきました
ゆっくり、のんびりの山里歩きは気分もリフレッシュ             (2014.3.23)





スハマソウ

純粋無垢の真っ白な春の妖精

林床で春の陽ざしをいっぱい浴びながら



140323sh1.jpg




140323sh5.jpg




140323sh7.jpg




140323sh6.jpg




140323sh3.jpg




140323sh8.jpg









シュンラン


まるで整列してるかのよう

4輪も一緒に

140323s7.jpg




140323s4.jpg



140323s3.jpg




140323s6.jpg




140323s8.jpg



ついついカメラを向けてしまうオオイヌノフグリ
誰が名づけたのでしょう
「星の瞳」の名がふさわしい

140323o1.jpg



140323o2.jpg


次回に続きます


  1. 2014/03/26(水) 01:37:40|
  2. 野の花
  3. | コメント:2

シロバナネコノメ

ネコノメソウの季節到来

今年は全般に花の咲くのが遅れているのでしょうか

いつもなら早くから咲き出す場所なんですが、周辺には雪など残っていて

まだ数輪のみ

でも咲いていてよかった~(^^)                         鈴鹿(2014.3.22)




シロバナネコノメ


赤い葯がマッチ棒の先端のようでとってもチャーミング


140322s6.jpg




140322s3.jpg



湿り気のある岩場に咲きます

140322s1.jpg




140322s14.jpg




140322s12.jpg



萼裂片が白色で先がはっきりと尖っているのが特徴

140322s11.jpg



周辺にはまだ雪が残っていて、春とはいえ寒い鈴鹿の山でした

140322f1.jpg



  1. 2014/03/23(日) 23:36:28|
  2. 山の花
  3. | コメント:4

ヒロハノアマナetc.

ミノコバイモが咲く頃は

あの土手にきっとヒロハノアマナも季節を告げる頃

ユリ科アマナ族の多年草 別名はヒロハアマナ

咲いた感じが控えめなチューリップのよう

スプリングエフェメラルの仲間でその代表格のカタクリが一面に咲く頃には花期を終えます

陽ざしをいっぱい浴びて伸びやかに咲く姿は春そのもの                  東三河(2014.3.16)



140316ha3.jpg




140316ha4.jpg




140316ha1.jpg




140316ha6.jpg




140316ha5.jpg




140316ha8.jpg









葦毛湿原の裏山の稜線に咲くヒロハノアマナ
可愛い蕾が出来ていました

140316ha2.jpg



湿原では目覚めたばかりのショウジョウバカマ

140316s2.jpg




140316s1.jpg








咲き出したばかりのカタクリ@飯盛山

140316kt1.jpg



キクザキイチゲも

140316k1.jpg




140316k3.jpg



この日のスミレは全て空振りでしたが

咲き出したばかりの早春の花々から春を感じた一日でした





  1. 2014/03/20(木) 21:31:44|
  2. 野の花
  3. | コメント:8

ミノコバイモ

ポカポカ陽気の週末

いつもの土手でミノコバイモが花盛り

春風に揺れ俯き加減に咲く姿は美しく

今年も変わらず逢えたことに

ありがとう                                      東三河(2014.3.16)



140316m4.jpg




140316m6.jpg


こんな姿もワイルドフラワーらしくって好き

140316m7.jpg




140316m8.jpg




140316m2.jpg




畦道にはタネツケバナ

140316t1.jpg




140316t2.jpg



今シーズン初めてのツクシ
もうスギナも

ツクシとスギナは地下茎で繋がっているそうです

140316tk1.jpg



タネツケバナも一緒に

140316tk3.jpg






  1. 2014/03/18(火) 23:58:39|
  2. 野の花
  3. | コメント:6

ユキワリイチゲ

この日はマーク
午前中に用事を済ませて、短時間で行ける場所というと
ユキワリイチゲの咲く自生地が浮かび
早速行動開始

現地に着くと思い描いていた光景とは裏腹にほとんどが蕾ばかり
お天気はよくても気温が低いからでしょう
また機会があったら、いつの日かリベンジ出来たらと思いますが
この季節、気になる植物もいっぱいで思うようにはいきません               滋賀県(2014.3.15)




この状態のなんとも言えないほどのシックな色合いも好き


140315y5.jpg




140315y4.jpg



ちょっとだけ開きかけ

140315y3.jpg




140315y7.jpg




140315y8.jpg




140315y1.jpg



お天気がよくて、暖かな日はこんな状態です
↓をクリック

http://fumipinga.blog64.fc2.com/blog-entry-799.html







周辺の土手では
輝くように咲くオオイヌノフグリ
タネツケバナもホトケノザも

140315o2.jpg


ピンクのオオイヌノフグリ発見!

140315o1.jpg



  1. 2014/03/17(月) 18:47:51|
  2. 野の花
  3. | コメント:6

Spring has come

陽だまりの中で

隣町の雑木林にマキノスミレが咲き始めました

ワクワクするようなシーズンの到来です

今年も忙しくなりそう~                 知多半島(2014.3.9)





まだ咲き始めたばかりの今から一週間前の様子です


マキノスミレ


140309m1.jpg




140309m3.jpg


50mmで

140309m6.jpg


100mmで

140309m10.jpg




140309m9.jpg




140309m4.jpg


葉が展開していない豆マキノも

140309m8.jpg








ニオイタチツボスミレがこんなにいっぱい

140309n1.jpg




140309n2.jpg




140309n4.jpg



140309n6.jpg




140309n3.jpg



  1. 2014/03/15(土) 00:00:30|
  2. スミレ
  3. | コメント:4

続 目覚めの時

ザゼンソウ咲く湿地を後にして向かったのは
阿智村のフクジュソウの自生地
ひょっとしたら雪の中ではの不安が的中
まだこれからのようです
ベストシーズンには土手一面が黄色に染まるとか
きっとそんな日も近いでしょう                              南信州(2014.3.8)




道中にて

140308f11.jpg



140308f5.jpg



早くから咲き出した株でしょうか
日差しが弱く開いていません

140308fj1.jpg




140308fj2.jpg




140308fj6.jpg



フクジュソウの蕾

140308fj4.jpg



周辺にて
山並みは中央アルプス

140308f3.jpg



こちらは南アルプス

140308f1.jpg




  1. 2014/03/12(水) 23:06:52|
  2. 野の花
  3. | コメント:4

目覚めの時

ザゼンソウを求めて南信へ

途中、標高1160mの平谷峠の凍結が心配でしたが

出発が遅かったせいか、難なくクリア

気温は0度、寒くて、寒くて                                  (2014.3.8)


峠からは南アルプスがバッチリ

140308f6.jpg



3月の雪

140308f7.jpg




140308f2.jpg





ザゼンソウ


南信にも小さな春がやってきました

冷たい雪の中から顔をのぞかせて、「春が来たよ」っと

知らせてくれているかのよう

ザゼンソには発熱するという不思議な現象があります

もっとも発熱するのは中心部の花だけですが、温度は20度前後とか

そのせいで、ポッカリ穴のあいた雪の中から

挨拶してくれました

ようこそ、な~んてね(^O^)



140308z1.jpg




140308z12.jpg




140308z5.jpg




140308z8.jpg




140308z3.jpg




140308z14.jpg



ザゼンソウの自生地を後にして向かったのはフクジュソウの自生地
さて、咲いているでしょうか??
次回に続きます





  1. 2014/03/10(月) 19:33:13|
  2. 湿生植物
  3. | コメント:10

バックコーラスの歌姫(ディーバ)たち

20 FEET
FROM
STARDOM




140303b1.jpg



ソウルフルな歌声に酔いしれて


やはり見てしまった「バックコーラスの歌姫たち」
音楽界のトップスターを支えてきたバックシンガーたちにスポットを当てた長編のドキュメンタリー
歌うことへの情熱と思い通りにはならないジレンマ
原題の20フィートの距離がいかに遠いものか・・・・・

せつなささえ感じますが、彼女たちのあの魂を揺さぶるような迫力ある歌声には圧倒されっぱなし
クライマックスで歌うダーレン・ラブの"lean on me"は最高!!
全編を通してこれだけ沢山の歌が聞けて、まるでライブ会場にいるような気分でした
一人だけ記憶に残るシンガーがいました
2011年のジャズトランペットのクリス・ボッティの名古屋公演で、ボーカルで参加していたリサ・フィッシャー
彼女も素晴らしい
あの時、クリスばかりに視線を向けていたのが、今となっては残念




今年のアカデミー賞、長編ドキュメンタリー部門は「バックコーラスの歌姫たち」でした
おめでとう\(^o^)/


  1. 2014/03/04(火) 19:13:30|
  2. その他
  3. | コメント:2

野道を歩けば


先週末のお花が続きます
フラサバソウ、カテンソウなどを求めて
午後からほんの少しの時間のウォッチング                     (2014.2.22)



フラサバソウ

帰化植物のフラサバソウ
日本の固有種のイヌノフグリと同じぐらい極小の花
フランス人のフランシェとサバチェに由来し、名前はおしゃれな感じなんですが
萼や葉には毛がいっぱい



140222f2.jpg




140222f1.jpg



カテンソウ

雄しべが一つづつ開き、花粉を出すようですが
今回は観察できませんでした
時期になればいっぱい咲くのに^_^;

140222k2.jpg



こちらは雄しべが開いたところ
昨年の撮影です

130303ka2.jpg



すっかり人馴れしてるうさぎさん
日向ぼっこです

140222u1.jpg



寒風吹きすさぶ中で撮ったキレハヒメオドリコソウ?

140222kh1.jpg





ミスミソウ

探し物をしていたら、なぜかタイムオーバー
ほんの少しだけ

140222m1.jpg




140222m2.jpg




140222m3.jpg







"RUSH"
ラッシュ/プライドと友情



140301r1.jpg




140301r2.jpg


エンジン音が響き渡る劇場内
1976年にタイムスリップしたかのよう
F1レーサー、ジェームズ・ハントとニキ・ラウダの友情のストーリー
死と隣り合わせのような極限状態でのレース中に起こった大惨事
不屈の精神でニキ・ラウダは復活し、それをきっかけに二人に芽生えた友情は心温まるもの
クライマックスの悪天候の富士スピードウェーもドラマティック
実話で流れは分かっているものの、想像以上の感動でした

上映中の「バックコーラスの歌姫たち」も楽しみ
「LIFE」も観てみたい
お天気の悪い週末は大スクリーンでの映画が一番


  1. 2014/03/02(日) 16:32:11|
  2. 野の花
  3. | コメント:4

続伊吹山麓

前回のアップで次回に続きますと言ったものの
咲き出したばかりのセツブンソウ以外には早春のお花たちは眠りの中
まだ伊吹の小さな春は始まったばかり
セリバオウレン、スハマソウ、シュンラン、アズマイチゲ、キバナノアマナetc.
しばらくすれば春爛漫の野辺には謳うように咲く花々が可憐な姿を見せてくれることでしょう     (2014.2.23)





三島池からの伊吹山

この時期にしては珍しいほど雪が少ない


140223f1.jpg



今シーズン初めてのアオイスミレ

140223as1.jpg



太陽の光を浴びて、フクジュソウも満開

140223fj1.jpg




140223fj3.jpg



フキノトウの花色からは春を感じます

140223fk1.jpg




140223fk2.jpg




田んぼの畦道には小さなブルーのお花が可愛らしいオオイヌノフグリ

140223of2.jpg


これからが楽しみな伊吹山麓でした


  1. 2014/03/01(土) 01:51:48|
  2. 野の花
  3. | コメント:6

プロフィール

fumifumi

Author:fumifumi
ようこそ~♪
週末は野山にいます

くまック


ブログパーツの森

カレンダー

02 | 2014/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

from2012.4.23

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する