週末の散歩道

My daily photo

しらびそ高原の秋


強風が吹き荒れた翌日は気持ちがいいほどの青空の広がる一日
昨年はやや終盤だったカラマツ林の黄葉が、
今だったら黄金色に輝いているかもの期待を抱いて、いざ出発

山道を走った先に待っていたのはまだ黄葉には早過ぎたカラマツ林
なかなか思うようにはいきません

昨年のカラマツ林  晩秋のしらびそ高原 


それでも雲一つない一日
色とりどりに染まった山々の木々の彩りに
深まりゆく秋を感じた一日でした                南信州(2013.1027)




黄金色に輝くのは、そろそろでしょうか
落葉したダケカンバの白い幹が美しい

131027f9.jpg




131027f2.jpg



131027f7.jpg




131027f10.jpg




131027f15.jpg




131027f14.jpg




131027f13.jpg



南アルプスが一望できる峠には
カワサキカラーのオフロードバイクが一台

131027f1.jpg



荒川岳 兎岳 前聖岳などの3000メートル級の山々が目前に

131027f3.jpg


131027f5.jpg


11月中旬には冬季休業に入るハイランドしらびそ
ここでお茶して帰りました


131027f4.jpg



道中には見慣れない大型のアザミ
フジアザミでした
終盤でしたが、かなりの群生で南信州に咲くとはビックリ

131027fa1.jpg


  1. 2013/10/31(木) 00:56:51|
  2. 風景
  3. | コメント:6

イヌセンブリetc.

台風一過の強風の吹く里ではイヌセンブリが花盛り
いつにも増して今年は嬉しくなるほどの花数
「いっぱい咲いていますよ」の花便りに誘われて
2週続けての東三河方面
この日も午後からの短時間の花散策でした                    東三河(2013.10.26)                        



イヌセンブリ

遅かったり、早過ぎたり、お天気が悪くて開花していなかったりのイヌセンブリでしたが
今年はベストな時に出会えました

紫のラインにもじゃもじゃのお髭
この花もこの時期見たくなる植物のひとつ


131026i10.jpg




131026i2.jpg




131026i5.jpg




131026i1.jpg




131026i7.jpg




131026i8.jpg




131026i4.jpg



あぜ道には地味ながらヌマダイコンの群生

131026n2.jpg




131026n1.jpg








ヤマラッキョウも咲き出しました
線香花火のよう

131026y3.jpg




131026y1.jpg



こんなに多くの株も

131026y2.jpg




131026y5.jpg







咲き始めたばかりのムラサキセンブリ


131026m5.jpg




131026m7.jpg




131026m6.jpg




131026m3.jpg




131026m2.jpg



エンシュウハグマの咲く里山のムラサキセンブリもそろそろ賑やかになる頃でしょう
そんな頃また訪ねてみましょう
それにしても風の強い一日でした
揺れて揺れて

  1. 2013/10/29(火) 01:07:31|
  2. 野の花
  3. | コメント:4

里山にて

用事を済ませて、いつものお気に入りの里山に着いたのがお昼過ぎ
夕方までは何とか雨も降らないだろうと思っていたら
道中から降りだし傘をさしてのウォッチング
降ったり止んだり
この程度の雨だったら、なんとか歩けそう                     東三河(2013.10.19)



嬉しいことにエンシュウハグマが終盤ながら
まだ咲き残っていました
クルンとカールした花弁はまるで風車のよう


131019e4.jpg




131019e3.jpg




131019e5.jpg




131019e7.jpg



咲き始めたばかりのコウヤボウキ

131019k1.jpg




131019k2.jpg




131019k3.jpg



この野菊、どこに根付いているのでしょう

131019n1.jpg



ツリガネニンジン

131019tn1.jpg



ヤナギノギク

131019y1.jpg



ミシマサイコ

間違えました、オミナエシでした
鍵コメさん、ありがとうございます

以前撮ったことがあるのに~~^_^; →  ミシマサイコ

131019ms1.jpg

ヤマハッカ

131019yh1.jpg



お散歩中のサワガニ

131019sw2.jpg



カメラ目線で(^O^)

131019sw1.jpg



ほんのりさくら色のサクラタデ

131019s2.jpg




131019s3.jpg




131019s4.jpg



小雨降る周辺の畑には色とりどりのコスモスの花
この日は農作業もお休みなんでしょう
みなさんがマドンナと呼ばれている方にお逢いできなかったのが残念

131019f1.jpg




131019f3.jpg


まもなくムラサキセンブリが賑やかに咲く頃でしょう
そんな頃が楽しみ


台風27号が近づいています
お気をつけ下さい
被害がありませんように

  1. 2013/10/24(木) 20:42:11|
  2. 野の花 山の花
  3. | コメント:12

山里の貴婦人に逢いたくて

憧れの植物を求めて、早起きして遥々紀伊半島まで出かけてしまいました
またまた幅員の狭い山道を走ること数時間
岩場には今まで植栽でしか見たことがない釣鐘型の鮮やかな黄色の花        紀伊半島(2013.10.14)


自生のキイショウロウホトトキス  (濁点はわざと外しています)
まさかまさかの出会いです

キイは紀伊半島、ショウロウ(上臈)は江戸幕府大奥で身分の高い女官の職名で
その優雅さから「山里の貴婦人」と呼ばれています




131014k4.jpg




131014k3.jpg



蕾も可愛い

131014k1.jpg




131014k2.jpg




131014k5.jpg




131014k7.jpg




131014k8.jpg




131014k13.jpg




131014k10.jpg


野性味たっぷりのこのごちゃごちゃ感

131014k6.jpg


乱獲と開発で、すっかり希少種になってしまった植物
運良く出会えて満足







On the way

揺れて揺れて 

131014f2s.jpg




131014f3.jpg




131014f1.jpg



  1. 2013/10/19(土) 21:53:35|
  2. 山の花
  3. | コメント:20

山道を走れば

若狭までは遠いイメージがあったのですが
北陸道を通れば3時間ぐらいで行けるとは日本海側も意外と近い
まだたっぷり時間があったので、ユキミバナを撮影後
近場の山道をドライブ                                  (2013.10.6)



眼下には若狭湾


131006f4.jpg



アキギリ

キバナアキギリは見たことがあるものの、赤紫色のアキギリは初めての出会い

131006ak1.jpg




131006ak3.jpg



アキチョウジもこんなにいっぱい

131006a3.jpg



タツナミソウの仲間も多く同定が??

131006ta1.jpg


嬉しいことにタチツボスミレの返り咲き

131006t4.jpg



夕暮れ間近の若狭の海
穏やか過ぎるほどの静寂な時間が流れていきます

131006f3.jpg



  1. 2013/10/14(月) 22:29:23|
  2. 山の花
  3. | コメント:12

ユキミバナ

なんとも風情のある名前に惹かれて出かけた週末の散歩道
夏の終わりごろから咲き始め、小雪のちらつく頃まで咲き続ける
キツネノマゴ科イセハナビ属のユキミバナ(雪見花)
1993年に新種として認定され、福井と滋賀のごく限られた地域にしか咲かない植物です
地面を這うようにして咲く深いブルーの花姿も名前同様和テイスト           福井県(2013.10.6)





131006y1.jpg




131006y3.jpg




131006y5.jpg



横顔も

131006y6.jpg




131006y7.jpg



バックのピンクはミゾソバ

131006y9.jpg




131006m1.jpg



儚い一日花
触ると落ちてしまいそう

131006y10.jpg



アキチョウジ

131006a2.jpg



日本海側のゲンノショウコは赤花が多いようです
偶然トンボが写っていました

131006g1.jpg








131006f2.jpg



苔むした大木の根っこにぐっと近寄って

131006f1.jpg



周辺をもう少し走ってみましょう
次回に続きます



  1. 2013/10/12(土) 01:22:09|
  2. 野の花
  3. | コメント:6

高ボッチ高原

八ヶ岳山麓を後にして向かったのは初めての高ボッチ高原
春から夏にかけてはレンゲツツジやニッコウキスゲが咲き誇る植生豊かな山のようですが
今はススキの穂の揺れる季節
標高1665mの高原をぐる~っと一巡り
この日はスカイラインは閉鎖されていて
すれ違いが困難な崖の湯側からの高ボッチ高原でした                    (2013.928)




130928f5.jpg




130928f8.jpg



ちょうど真ん中辺りに富士山のてっぺんがかすかに見えるのが分かりますか?

130928f6.jpg








林道で車を停めながら
数少ない花々をウォッチング



秋はお祭りの季節
ゲンノショウコがミコシグサになっていました

130928om1.jpg



ミヤマママコナ

130928mm1.jpg





130928a1.jpg



ヤクシソウ

130928y1.jpg



5月頃から咲き始めるクサフジ
花期が長いようで、秋になっても開花中

130928kf1.jpg



この時期、植物は終盤ですが、爽やかな空気に触れることが出来ました
同行してくださったみなさまにSpecial thanks

  1. 2013/10/07(月) 21:45:05|
  2. 風景 山の花
  3. | コメント:8

八ヶ岳山麓にて

9月の終わり
以前丹後半島でスミレウォッチングをしたり、白馬尻周辺を歩いた友人たちとの
久しぶりの花散策
青空の広がる秋の日に、ゆっくりのんびり

たまにはこんな時間もいいものです                           (2013.9.28)



この日見たかったのは
ナデシコ科センノウ属のエンビセンノウ
フシグロセンノウはあちこちで見たことがありますが
燃えるように咲くエンビセンノウは初めてでした
よく見ると切れ込みがとても繊細
花期が長いエンビセンノウですが、ギリギリセーフでウォッチング



130928e6.jpg


横位置で

130928e5.jpg




130928e4.jpg




130928e7.jpg




130928e8.jpg



今シーズン初めてのセンブリも

130928s1.jpg




130928s3.jpg




130928s4.jpg




130928r1.jpg



タチフウロ

130928tf1.jpg



気持ちがいいほどの青空と
マツムシソウ

130928mt3.jpg



小さなキチョウのお客さまも

130928mt5.jpg



秋ですね

130928f2.jpg







道中、春にはお気に入りのヒカゲスミレやエイザンスミレが咲く
里に寄り道したら
ピンクのコシオガマのお出迎え
奥三河でしか見たことがなくて
思いがけない出会いでした


130928ks4.jpg




130928ks2.jpg




130928ks1.jpg



畑にはミョウガの花

130928m2.jpg



ミヤマウズラの花後
きっと見事な咲きっぷりだったことでしょう

130928m1.jpg



長閑な光景です
バックには八ヶ岳

130928f9.jpg



まだ時間が早かったので、初めての高ボッチ高原へと向かいました

  1. 2013/10/03(木) 01:44:07|
  2. 野の花 山の花
  3. | コメント:22

プロフィール

fumifumi

Author:fumifumi
ようこそ~♪
週末は野山にいます

くまック


ブログパーツの森

カレンダー

09 | 2013/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

from2012.4.23

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する