週末の散歩道

My daily photo

面ノ木峠にて

ナツエビネとレンゲショウマの撮影後
久しぶりに面ノ木の湿地に立ち寄ってみました
猛暑とはいえ、標高1000mの地は晩夏の装い
すれ違う人もなく、静けさの中で聞こえるのは
吹き抜ける風の音のみ
ついつい熊さん注意の看板に目が行ってしまいます                     (2013.8.14)


端境期でしょうか
きっと秋の花々が開花の準備をしている頃なんでしょうね




フシグロセンノウ

遠くからでもすぐ分かる色鮮やかな花色


130814f1.jpg




130814f3.jpg




130814f2.jpg



ヌマトラノオ

130814nt1.jpg



オニユリとオミナエシ

コオニユリとハンゴンソウでした
教えてもらいましたm(__)m

130814o1.jpg



カワラナデシコ

130814kn1.jpg



コフウロ

間違えました
ゲンノショウコでした

葉に特徴があって、コフウロの葉は三全裂
ゲンノショウコは三~五深裂です

130814kf1.jpg



ウバユリ

なんとも可哀そうな名前の植物ですが、
発芽から開花まで6年から8年かかるそうです
花の最盛期に葉が茶色くなったり、落ちてしまうことから
「姥百合」と名付けられたようです

冬の枯野でよく見かけるウバユリ、一生を終えた姿もなかなか風情があるかも



130814u2.jpg




130814u1.jpg



あそこにもここにもと思った8月
苦手な暑さにダウンして
とうとう花咲く山らしい山にも行かずに終ってしまいました
もうすぐ9月
さて~~
計画だけは盛り沢山(o^^o)

あれほど待ちわびた季節が もうそこまで来ています
往く夏にほんの少し寂しさを感じる今日この頃



  1. 2013/08/27(火) 18:24:29|
  2. 山の花
  3. | コメント:8

夏の花

連日忙しくって、またまた更新が遅れています

夏休みに撮ったナツエビネとレンゲショウマ
どちらも夏を感じる花                              奥三河(2013.8.14)
                  


ナツエビネ

爽やかな花色が好きで、この花を求めてあちこち何度歩いたことでしょう
咲く前に暑さで花芽が傷んでしまい、なかなかいい状態のものには何年も出会えませんでした
猛暑続きの今年もきっとそうだろうと思っていたら
なんと、今年は(*^。^*)(*^。^*)

花数は少ないですが、私には嬉しい出会いでした


130814n4.jpg




130814n3.jpg




130814n2.jpg



蕾がいっぱいですが、この後咲いたのかどうかは??

130814n5.jpg







レンゲショウマは
やはり森の妖精
自然の造形美に惹かれます



130814r2.jpg




130814r3.jpg







おまけ(^O^)


130814km1.jpg




  1. 2013/08/25(日) 01:51:50|
  2. 山の花
  3. | コメント:10

花咲く室堂平

照りつける太陽の日差しは強いものの、涼しさを感じた一日
標高約2500mの地は別世界

高山ではお馴染みの花々に加えて、ここでの楽しみはタテヤマリンドウ
再会の小さな白いリンドウ
青紫のミヤマリンドウなども咲き
そろそろ短い山の夏も終わりに近づいたのでしょうか                    (2013.811)




130811f21.jpg




タテヤマリンドウ

130811tr1.jpg




130811tr3.jpg



ミヤマリンドウ

130811mr1.jpg


ミヤマダイモンジソウ

130811md1.jpg




130811md2.jpg



ミヤマキンバイ

130811mk1.jpg



初めてのヒメクワガタ

130811hk1.jpg



イワギキョウ

130811ig1.jpg



シコタンハコベ

130811sh1.jpg




130811sh2.jpg



イワイチョウ

130811iw1.jpg



ニガナとミヤマダイモンジソウ

130811n1.jpg



ウサギギク

130811ug1.jpg



エゾシオガマ

130811es1.jpg



ヨツバシオガマ

130811ys1.jpg




130811ys2.jpg



テガタチドリ

130811tteg1.jpg


シナノオトギリ

130811so1.jpg



ウラジロタデ

130811f18.jpg



ここに載せたのは、ほんの一部です





ここでの楽しみのもう一つは雷鳥
比較的雨や曇りの日に多く見られるとか
ピーカンのお天気ではどうでしょう
諦めかけていた頃
偶然にも目の前に雷鳥の姿が(@_@)
すぐハイマツ帯の中に去ってしまいましたが、すばやく証拠写真を(^O^)

130811r2.jpg




130811r3.jpg




130811r1.jpg



2年前、唐松岳頂上直下で見た雷鳥の親子
↓をクリック
唐松岳の雷鳥


いつの日か、冬鳥の白い雷鳥に出会えたらと思うのですが・・・・・・

  1. 2013/08/18(日) 01:05:19|
  2. 山の花
  3. | コメント:14

涼を求めて

夏休みに入って二日目
これだけ暑い日が続くと、涼しい場所が恋しくなります
今回は楽して立山室堂平
眼前に迫る雄大な立山連峰を前に
のんびりゆっくり歩いてみました                             (2013.8.11)


ここでもコバイケイソウは当たり年
雄大な立山を眺めながら

130811f16.jpg




130811f3.jpg



こんな景色の中に身を置くだけでも幸せ気分

130811f8.jpg




130811f9.jpg



ミクリガ池

130811f6.jpg



池に映る雄山や浄土山

130811f11.jpg



剣岳も姿を現してくれました(左)
ここは立山三山、剣岳登山の拠点
登山者がいたり、ハイカーさんがいたりで、すれ違う人のザックの大きさも人それぞれ

130811f13.jpg



硫黄のにおいが立ち込める地獄谷

130811f14.jpg



ここが3003mとは思えないような近い距離に
立山の主峰 雄山がそびえています

130811f19.jpg





こちらはミクリガ池よりも小さなみどり池

130811f15.jpg



タテヤマアザミ

130811f5.jpg



ヤマハハコ

130811f10.jpg



ハクサンボウフウ

130811mz1.jpg



チングルマはそろそろ終盤

130811tg2.jpg



綿毛になった姿も美しい

130811tg3.jpg



現存する日本最古の山小屋
「室堂」
室堂の名前はここからついたようです

130811f17.jpg



次回は立山室堂平のお花たちです

  1. 2013/08/16(金) 01:05:32|
  2. 風景 山の花
  3. | コメント:2

伊吹 続編

霧は晴れて、真夏の太陽がギラギラしだした頃
お気に入りの登山道を歩いてみました
擦れ違う人も少なく、夏草の生い茂る山道には
咲き始めたばかりの晩夏の花々
こんな時間もいいものです                                (2013.8.4)



130804f4.jpg


緑の中で目立っていたキオン

130804f2.jpg



夏草の中で咲くクガイソウがいい感じ

130804k4.jpg



咲き始めたばかりのイブキコゴメグサ

130804ik1.jpg



ミツモトソウ

130804mi1.jpg



ヒヨクソウ

130804hy1.jpg



ヒメフウロもいっぱい

130804hfr2.jpg



130804hfr1.jpg




130804hfr3.jpg



お気に入りのイブキフウロ

130804if2.jpg




130804ib3.jpg



ハクサンフウロ

130804hf2.jpg



エゾフウロ

130804hf1.jpg



マネキグサ

花弁の白い縁取りがとってもおしゃれ

130804ma2.jpg




130804ma1.jpg



小さな小さなヒナノキンチャク
ちょっとだけ咲き出していました
まだ巾着は出来ていません


130804hk2.jpg




130804hk3.jpg



伊吹はフウロソウの多い山、9月になればミツバフウロも見頃になるでしょう
いつか見たあの大群生が懐かしい


  1. 2013/08/13(火) 20:53:44|
  2. 山の花
  3. | コメント:8

シモツケソウの咲く頃

連日の猛暑に悲鳴をあげています
まだまだこの暑さ、続くようです
熱中症にはお気をつけください

更新が遅れて、今頃は少々終盤かもしれませんが
伊吹山がピンクに染まった頃のお話です

混雑を予想して早起きして行った伊吹の山頂は霧でした
なんでもない風景を幻想的にしてくれる霧の出現
伊吹にはこんな世界が似合うのかも                         伊吹山(2013.8.4)



シモツケソウの群落
メタカラコウと一緒に

130804s5.jpg




130804s11.jpg




130804s2.jpg




130804s8.jpg




130804s4.jpg




130804s7.jpg




130804s9.jpg




130804s10.jpg








ルリトラノオ

この時期、シモツケソウのピンクと共に山頂を彩るのは青紫のルリトラノオ
伊吹山でしか見ることが出来ないお花です
これほど多くのルリトラノオを見たのは初めて
今年はクサタチバナもキンバイソウもルリトラノオも花数が多いような気がします
時々しか行かないから、ちょうど見頃の時期だったのかも

よく似た植物のクガイソウとの違いは
葉っぱを見れば判別出来ます
ルリトラノオは対生、クガイソウは輪生します


130804r1.jpg




130804r2.jpg




130804r7.jpg



朝露に濡れて

130804r6.jpg




130804r4.jpg




130804r3.jpg




クガイソウ

130804k1.jpg




130804k2.jpg




130804k3.jpg







他にもこんな花々が

ほんの一部です


シュロソウ

130804sy1.jpg




130804sy2.jpg



コバギボウシ

130804mg1.jpg



クサフジ

130804kf1.jpg



コオニユリ

130804ky2.jpg



秋の気配がするワレモコウも咲き始めました

130804w1.jpg



ツリガネニンジン

130804tn1.jpg



一回りした頃、すっかり霧は晴れ
真夏の太陽が照りつけていました
次回に続きます


  1. 2013/08/12(月) 20:48:44|
  2. 山の花
  3. | コメント:6

中央アルプスシリーズ その3

「氷河の星」とも呼ばれるエーデルワイス
数多くあるエーデルワイスの仲間の中でも最も小さいのがヒメウスユキソウ
別名はコマウスユキソウ
中央アルプスの特産種です
今年も逢えたね                                     (2013.7.27)



ヒメウスユキソウ

130727hu1.jpg




130727hu2.jpg




130727hu3.jpg


タカネツメクサと

バックの山は三沢岳

130727hu6.jpg




130727hu8.jpg




ハハコヨモギ

木曽駒ヶ岳と北岳の一部でしか見れない希少な花
地味ながら存在感があります


130727hh3.jpg




130727hh2.jpg




130727hh4.jpg




タカネツメクサの群落も見事

130727ta2.jpg




130727ta4.jpg




130727ta1.jpg



青空だったら

130727ta6.jpg




チングルマ

130727ti3.jpg




130727ti2.jpg



ここでもコバイケイソウ

130727kb5.jpg



コイワカガミ

130727ki1.jpg




130727ki3.jpg




130727ki2.jpg


時々青空も
足下には雪渓

130727f7.jpg



遠くにはロープウェーも

130727f8.jpg




130727f9.jpg



極楽平はすれ違う人も少なく、静かな山でした







チシマギキョウ


木曽駒でいつも楽しみにいるのがチシマギキョウ
この花色と佇まいに惹かれます
今年も岩の隙間から迎えてくれました


130727tg2.jpg




130727tg4.jpg




130727tg5.jpg




130727tg3.jpg




130727tg9.jpg



バックの山は三沢岳

130727tg6.jpg



こちらは番外編

偶然にも最後の最後でオコジョが岩の隙間を出たり入ったり
その仕草がまるでもぐら叩きのゲームのような早業で思わず笑ってしまいました
でもつけていたレンズは残念なことに50mm
切り取ってなんとか~~^_^;


130727o1.jpg




130727o2.jpg



中央アルプスシリーズは今回でお終いです
最後までご覧くださってありがとうございます^_^





  1. 2013/08/04(日) 21:14:30|
  2. 山の花
  3. | コメント:12

中央アルプスシリーズ その2

3000メートル級の山々がそびえる厳しい環境の中
一番美しい季節でしょうか
足下には色とりどりの花々
ゆっくりと歩けば、何かしら発見があります
駆け足で過ぎていく夏山に触れたくて                           (2013.7.27)



あちこちで咲く真っ白なハクサンイチゲも今が旬

130727hi2.jpg




130727hi3.jpg



この日一番目だっていたのがビタミンカラーのミヤマキンバイ
キラキラと輝いて

130727mk3.jpg



中心部のオレンジ色がチャームポイント

130727mk6.jpg




130727mk5.jpg



シナノキンバイも見事な群落を作っていました

130727sk4.jpg




130727sk2.jpg




130727sk1.jpg



ミヤマキンポウゲとカヤツリグサ科のミヤマクロスゲ

130727mkp1.jpg




130727mkp2.jpg



ミヤマダイコンソウ

よく似た植物が並びましたが、ミヤマキンバイ、ミヤマダイコンソウはバラ科
ミヤマキンポウゲ、シナノキンバイはキンポウゲ科です

130727md1.jpg



クロユリ

130727kr1.jpg




130727kr2.jpg



ユキノシタ科のクロクモソウ

130727kurokumo1.jpg



イワツメクサ

130727it2.jpg



ゴゼンタチバナ

130727gt1.jpg



ミヤマゼンコ

130727mz1.jpg



ヒメイワショウブ

130727hiw1.jpg



小さな花ですが、アップで見るとイワショウブにそっくり

130727hiw2.jpg



ミヤマタネツケバナ

130727mt1.jpg



ヨツバシオガマ

130727ys2.jpg




130727ys1.jpg



ウラジロナナカマドも咲き始めました

130727un1.jpg




130727un2.jpg


またまた画像の羅列になってしまいました^_^;
次回は木曽駒ヶ岳だけに咲く小さなお花が登場です
  1. 2013/08/03(土) 19:45:51|
  2. 山の花
  3. | コメント:4

プロフィール

fumifumi

Author:fumifumi
ようこそ~♪
週末は野山にいます

くまック


ブログパーツの森

カレンダー

07 | 2013/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

from2012.4.23

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する