週末の散歩道

My daily photo

霧訪山に咲く その2

霧訪山の山頂からは360度の大展望
南アルプス、北アルプス、中央アルプス、八ヶ岳などが一望できます
生憎薄い雲に覆われて展望はあまり良くなかったのですが、少しだけ休憩
狭い頂上はハイカーさんでいっぱいでした                         (2013.4.27)



130427f3.jpg




130427f2.jpg




130427f4.jpg



ハイカーさんの足下にはオキナグサが

130427o1s.jpg



まだこれからなのでしょうか
花数が少なかったです

130427o3.jpg








出会ったお花たち


ワチガイソウ
ヒゲネワチガイソウでした

130427w1.jpg




130427w2.jpg



カタクリ
まだほとんどが蕾でした

130427ka1.jpg



イワウチワが一輪

130427iw1.jpg



ニッコウネコノメソウ

130427n1.jpg



タチネコノメソウ

130427tn1.jpg



レンプクソウ

130427re1.jpg



ヒトリシズカ

130427hs1.jpg



山中をカモシカさんがお散歩中

130427ks1.jpg


お昼過ぎには下山
まだたっぷり時間があったので、別の場所を目指しました


  1. 2013/04/30(火) 19:28:00|
  2. 山の花
  3. | コメント:6

霧訪山に咲く その1

連休初日は数年ぶりに長野の霧訪山でした
前回はオキナグサを求めて2007年に同じようにGWの一日
その日は小野駅近くの登山道からの直登の急登で、途中のお花もなくひたすら登るのみ
その後他にも登山道があることを知り、今回は山の神自然園からの登りでした
いきなりスミレがいっぱいで嬉しい悲鳴

「霧訪山に咲く その1」は麓から登山道で出会ったスミレたち
新しい出会いはありませんでしたが、多くのスミレに出会えて満足 満足           (2013.4.27)



本日スミレ日和


フイリシハイスミレ

シハイスミレの中に多くのフイリシハイスミレが咲いていました
ちょうど見頃
この株が可愛くってこの日の一番のお気に入り

130427s1.jpg



縦構図で

130427s2.jpg



130427s4.jpg




シハイスミレ

130427s3.jpg




130427s5.jpg



ここのマキノスミレは豆マキノと呼びたいぐらい小さなものでした

130427mk1.jpg





アケボノスミレ

スミレの中でも一番好きなアケボノスミレ
咲き出しました
咲き初めは葉が展開していなくて初々しい
ふっくらと丸みを帯びた花弁が美しくって大好きです

130427a1.jpg




130427a2.jpg




130427a3.jpg



エイザンスミレ

130427e1.jpg



赤い距も可愛らしい

130427e3.jpg



ヒゴスミレ

130427e4.jpg




130427e6.jpg



ヒカゲスミレ

今年は見れないのかなぁ~と思っていたヒカゲですから嬉しかったです
昨年見たヒカゲは葉がタカオっぽい色でしたが、ここのは緑色です

130427h3.jpg




130427h1.jpg




130427h2.jpg



↓の画像は昨年のヒカゲスミレ

120430h1s.jpg



イブキスミレ

ギリギリセーフのイブキスミレ
ほとんどが終盤でした
このスミレの透明感のあるブルーの花弁が好き、来年こそ早い時期に見たいものです

130427i2.jpg




130427i1.jpg



サクラタチツボスミレ

130427st1.jpg



マルバスミレ

130427m1.jpg



ヒナスミレ

こちらもほとんどが終盤でしたが、こんなに可愛いらしい株もありました

130427hn1.jpg




130427hn2.jpg



エゾノタチツボスミレでしょうか、花が咲くのはもう少し先のようです

130475et1.jpg



次回は山頂の様子やその他のお花たちをお届けします



  1. 2013/04/29(月) 14:08:09|
  2. スミレ
  3. | コメント:12

ミョウジンスミレ

スミレは中心部に向かって白く抜けるのに対し
ミョウジンスミレは逆に紫色が濃くなるのが特徴
名前の由来は箱根の明神ヶ岳で最初に見つかったからとのこと
ミョウジンスミレは通称で、学名はスミレです

どこにでも見られるスミレのようですが、私には初めてでした
最近までミョウジンスミレという名前さえ知らなかった私です^_^;
平地でのスミレが終盤となってしまった今、思いがけない場所に咲いていた
ミョウジンにニッコリ(^^)                             奥三河(2013.4.21)


130421ms1.jpg



NO.②とNo.③はミョウジンジンスミレではなくスミレの変種のホコバスミレでした
こちらも教えてもらいました


130421ms6.jpg




130421ms7.jpg




130421ms8.jpg





横顔も
130421ms2.jpg




130421ms4.jpg



森の中にはキランソウがいっぱいでした

キランソウではなくタチキランソウでした

130421k1.jpg




130421k2.jpg



タチツボスミレ

130421t1.jpg




130421f2.jpg





130421f3.jpg



ホソバシャクナゲ

130421s1.jpg


ラン科の植物のシーズンに、この森でハグロシハイに似た葉を見て、花の咲く頃と思いましたが
そのような葉はありませんでした
GWももうすぐ、どこかでスミレに出会えたら~

  1. 2013/04/25(木) 01:14:41|
  2. スミレ
  3. | コメント:10

山麓に咲く

岐阜と愛知の県境の低山の麓
2年前に訪ねた時 林床ではカタクリが咲き春の女神 ギフチョウがあちこちで舞っていました
ひょっとして今年も逢えるかもと期待して・・・・                     (2013.4.14)


山麓へと続く林道沿いでは
この地方では珍しい日本海側に多いシロバナニシキゴロモと再会
お隣にはマキノスミレも


130414n1.jpg



こちらもマキノとのツーショット

130414n3.jpg



終盤ながらマキノスミレもいっぱい

130414s5.jpg




130414s6.jpg




130414s7.jpg



ニオイタチツボスミレ

マルバタチツボスミレでした
ニオイタチツボスミレとタチツボスミレの交雑種です
紫状紋が唇弁の途中までしかない所がポイントだそうです
スミレに詳しい方から教えてもらいました

130414s3.jpg



フイリフモトスミレ

130414s2.jpg



ヒメスミレ?

130414s4.jpg



お馴染みのタチツボスミレですが、いい感じ

130414s1.jpg



アセビの大木

130414a1.jpg







山頂へと続く山道は終盤ながらカタクリのプロムナード

130414k2.jpg




130414k1.jpg



ナガバノスミレサイシンがいっぱい

130414ns2.jpg




130414ns3.jpg




130414ns1.jpg



咲き残っていたコシノコバイモ
来年こそはベストシーズンに見たいものです

130414kk1.jpg




130414kk4.jpg



とうとうこの日はギフチョウの舞いは見れなかったなぁ~と思いながら
林道を歩いていると、そこには~

前回のようにカタクリとのツーショットは撮れませんでしたが
久しぶりの春の女神でした


130414g2.jpg


里のスミレもそろそろ終盤
見たいお花はいっぱいですが、時間がありません^_^;




  1. 2013/04/19(金) 01:01:04|
  2. 野の花
  3. | コメント:26

キバナハナネコノメ



先週末は雨とみぞれで早々に退散のキバナハナネコノメでしたが
一週間後のお休みは青空の広がる爽やかな散策日和                  奥三河(2013.4.13)

キラキラとキバナハナネコノメ


130413k2.jpg




130413k3.jpg




130413k1.jpg




130413k5.jpg




130413k8.jpg



朝方寒かったのでしょうね
氷柱が出来ていました

130413k9.jpg



コガネネコノメソウも輝いて

130413ko1.jpg




130413ko2.jpg




130413ko3.jpg



タチネコノメソウ
ここは暗過ぎました^_^;

130413tn1.jpg



ユリワサビもあちこちで

130413y1.jpg




130413m3.jpg

ミツバツツジの花芽も膨らみ始め、ここ奥三河に春が来るのももうすぐ

  1. 2013/04/17(水) 01:36:59|
  2. 山の花
  3. | コメント:6

トウカイスミレ

芽吹きの季節にはもう少し
標高1000mの地に咲く淡紫色の小さな小さなスミレ
今年はいつもより早くトウカイスミレに再会出来て大満足
道路脇には夜中に降ったであろう雪が残ってはいるものの
陽だまりの中で咲く小さな生命に春を感じた一日でした                奥三河(2013.4.13)



トウカイスミレ

130413t4.jpg


距も可愛らしい

130413t5.jpg




130413t6.jpg




130413t7.jpg




130413t8.jpg




130413t9.jpg




130413t14.jpg




130413t13.jpg



咲き始めたばかりのシコクスミレ

130413s1.jpg




130413s2.jpg



ナガバノスミレサイシン

130413ns1.jpg




130413f1.jpg



次回はキバナハナネコノメ登場です^_^

  1. 2013/04/14(日) 19:40:16|
  2. スミレ
  3. | コメント:7

雨に咲く


ヒメミヤマスミレの前に、奥三河でネコノメソウウォッチング
爆弾低気圧の影響で、この日もお天気が悪いのかなと思っていたら
朝から青空が広がり、これは幸先良さそう

ところが奥三河方面に近づいたら、雷、土砂降りの雨
のち雨、霙とめまぐるしく変化
気温も低く、諦めモードでの撮影でした                       奥三河(2013.4.7)



水量も多く霙まで降って、撮影どころではありませんが
せっかく来たのだからと証拠写真^_^;

キバナハナネコノメ

チャームポイントのオレンジ色の葯が可愛らしい

130407k5.jpg


これではね~~
またリベンジしましょう

130407k1.jpg




130407k4.jpg




トウノウネコノメ


130407tn7.jpg




130407tn5.jpg




130407tn6.jpg



ニッコウネコノメ

130407nn1.jpg



道中に咲いていたワダソウ


130407w1.jpg


悪天候で早々に退散でした

明日はマーク

  1. 2013/04/12(金) 22:59:57|
  2. 山の花
  3. | コメント:4

ヒメミヤマスミレ


昨年は終盤で開花株が残っていたのは数株だけ
今年こそはと思って出かけた林床で待っててくれたのは
フモトスミレよりも少し大きめのヒメミヤマスミレ
可愛いお花がいっぱいでした                             瀬戸(2013.4.7)




130407hm5.jpg




130407hm1.jpg




130407hm4.jpg




130407hm8.jpg




130407hm13.jpg




130407hm11.jpg




130407hm7.jpg




130407hm9.jpg




130407hm12.jpg




130407hm16.jpg




130407hm14.jpg



同じ林床にはマキノスミレも


130407m4.jpg




130407m3.jpg



明るい場所に移動すると
そこには咲き出したばかりのニョイスミレ

130407n1.jpg




130407n2.jpg


今年は間に合って良かった~(*^。^*)
以前はヒメミヤマスミレ東海型と言われていたトウカイスミレも咲き出したという
花便りが聞こえてきました
こちらも楽しみ





  1. 2013/04/10(水) 00:45:04|
  2. スミレ
  3. | コメント:6

雨上がりのフィールドで

そろそろかなと気になっていたキンポウゲ科の植物
サンインシロカネソウ
このお花がお天気に左右されるということをすっかり忘れていました
開花していたのは一輪のみ
萼片の淡黄色と基部の暗紫色のコントラストが美しくお気に入りの植物です
一年ぶりの再会でした


サンインシロカネソウ

130331ss1.jpg




130331ss3.jpg




130331ss5.jpg




130331ss6.jpg



サンインスミレサイシン

130331s1.jpg




130331s2.jpg







ヒメヒダボタン

130331n1.jpg




130331n2.jpg




130331n3.jpg



雨上がりのミヤマカタバミ
少し開いてくれました

130331m2.jpg




130331m1.jpg



ヒトリシズカ

130331hs1.jpg



エンレイソウ

130331e1.jpg




コスミレも今年になって初めて

130331s6.jpg




130331s4.jpg



ノジスミレ

130331s3.jpg


                                       @滋賀県 (2013.3.31)



  1. 2013/04/06(土) 22:05:23|
  2. 野の花
  3. | コメント:8

カタクリ


今週末は大荒れのお天気のようで、こちらの地方もお昼頃からは
雨 風共に強くなり暴風雨のようになるとか
ベランダ越しの公園の満開の桜も、儚く散ってしまうことでしょう

このところ花々が次々と咲き、遠出も重なって
お蔵入りになりそうな画像がありました
春を謳歌するように咲くカタクリの群落
スミレ探しの傍ら、ふと立ち寄った時のものです                   飯盛山(2013.3.24)




130324k1.jpg




130324k2.jpg




130324k7.jpg


群落に中に咲く真っ白なカタクリ
さながらプリマドンナのよう

130324k6.jpg




130324k9.jpg




130324k8.jpg




130324k5.jpg







キクザキイチゲ

130323ki1.jpg


咲き出したばかりのヤマルリソウ

130324y2.jpg




130324y3.jpg




130324y1.jpg




130324y4.jpg


ウイークデーは忙しく、先週末のも取り込んだまま
これもお蔵入りにならないうちに整理しなくては~^_^;
その前に大掃除(笑)



  1. 2013/04/06(土) 09:56:48|
  2. 野の花
  3. | コメント:2

雪割草を求めて

毎年この時期になると気になっていた北陸型のミスミソウ
今年こそはと思いながら、過ぎていくのは年月ばかり
憧れは佐渡ですが、そこまでは遠くてとてもとても

東海地方からは比較的アクセスの楽な能登半島を選びました
週末の土曜日はユキワリソウ日和
いざ色とりどりの早春の花咲く猿山に               能登半島(2013.3.30)



猿山一帯に咲く雪割草と呼ばれているものは
ミスミソウ、スハマソウ、北陸型のオオミスミソウなどで
こちらで見る白一色のものと比べるととても華やか

オフホワイトのミスミソウ、スハマソウも大好きですが
まだ寒さが残る北陸の地で
自然が醸し出す変化に富んだピンク系の色彩に触れることが出来
自生地や登山道を登ったり下りたり
めいっぱい楽しんじゃいました



130330y8.jpg




130330y1.jpg





まるでお花畑のよう

130330y4.jpg



登山道では紅色の花も

130330y20.jpg




130330y21.jpg




130330y3.jpg




130330y26.jpg




130330y14.jpg



スミレサイシンとのコラボ

130330s1.jpg




130330s4.jpg




130330s5.jpg




130330y17.jpg




130330y5.jpg




130330y6.jpg




130330y7.jpg




130330y9.jpg




130330y23.jpg



130330y16.jpg




130330y15.jpg




130330y11.jpg




130330y13.jpg



130330y30.jpg




130330y29.jpg




130330y31.jpg



日本海もこの日は穏やか

130330f1.jpg



いっぱい載せてしまいました
ご覧くださってありがとうございます


  1. 2013/04/02(火) 19:45:07|
  2. 野の花
  3. | コメント:18

プロフィール

fumifumi

Author:fumifumi
ようこそ~♪
週末は野山にいます

くまック


ブログパーツの森

カレンダー

03 | 2013/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

from2012.4.23

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する