週末の散歩道

My daily photo

幸せの小道

スミレ紀行最終章はこの日歩いた小道のお花たち

中でもサンインシロカネソウの群落は圧巻でした
さすが日本海側
先日の滋賀に続いて、ここでも出会えたとはラッキー続きです             京都北部(2012.4.21)


サンインシロカネソウ


120421ss3.jpg




120421si4.jpg




120421si2s.jpg


すでに果実も出来ています

120421si5.jpg




120421si3.jpg



トキワイカリソウ

120421ik1.jpg




120421ti2.jpg




サンインネコノメソウは終盤で残念

120421sn1.jpg




120421hn1.jpg




サワハコベ

120421sh1.jpg




120421sh3.jpg


チャルメルソウ

120421c1.jpg



ほとんど白に近いイワナシ

120421iw1.jpg



ミヤマキケマン

120421mk1.jpg



ピンクのヤマエンゴサク
この可愛い花色が好き

120421ye2.jpg



シロバナニシキゴロモ

120421tukubak2.jpg




120421tukubak1.jpg




120421f1.jpg



帰りは野草歴40年のNさんが日本海の海岸線を走ってくださいました
スミレも他の植物もたっぷり楽しめた思い出いっぱいの花旅になりました
Sさん、Nさん、ありがとうございました
またいつかお目にかかれますように(*^。^*)


  1. 2012/04/26(木) 22:02:45|
  2. 山の花
  3. | コメント:8

続スミレ紀行

海岸のスミレに満足して、次は谷沿いの車一台がやっと通れる山道に
ここがSさんがスミレ街道と呼ばれている一番目の山道
後にもう一つのスミレ街道も案内して頂きました

いきなりオオタチツボスミレ、終盤のサンインスミレサイシン、ナガハシスミレのお出迎え
それからも延々と山肌には可愛いスミレの彩りが続き
夢のようなプロムナード                              京都北部(2012.4.21)



オオタチツボスミレが群生

120421ot2.jpg




120421ot4.jpg




ナガハシスミレ

テングスミレとも呼ばれているスミレで一度は見たかったもの
ここで見れて感激
想像していたより小さなスミレでした

120421tu3.jpg




120421n2.jpg




120421tu1.jpg




サンインスミレサイシン

120421ss2.jpg



特徴のある葉っぱ

120421ss1.jpg




オトメスミレも花盛り

120421o2.jpg




120421o3.jpg




120421o4.jpg




シロバナタチツボスミレも

120421st1.jpg



ニョイスミレ

120421n1.jpg



こんな可愛らしいタチツボスミレもありました

120421ta1.jpg









ここからは2番目のスミレ街道

海岸のスミレに続いて、嬉しかったのは以前岐阜でシックな色合いの葉だけでも感激したハグロシハイスミレが見れたこと
やっと逢えたね


ハグロシハイスミレ

120421h3.jpg




120421h10.jpg


120421h4.jpg


蕾もいっぱい
咲いたら見事でしょうね
この葉の色もたまらなく好き

120421h6.jpg




淡いピンクのハグロシハイスミレもありました

120421h7.jpg




120421h1.jpg




フイリハグロシハイスミレの葉だけを確認
これだけでも嬉しい

120421h8.jpg




シハイスミレ

120421s1.jpg



スミレ咲く山道には春の野草も数多く見ることが出来ました
次回をお楽しみに^_^




  1. 2012/04/25(水) 00:00:16|
  2. スミレ
  3. | コメント:8

スミレ紀行

週末は日本海側に咲く花々を求めてのロングドライブ
とうとう以前からの夢が実現しました
天気予報も外れて青空の覗く一日
海岸のイソスミレ、アナマスミレに始まり、案内してくださったSさんがスミレ街道と呼ばれている
溢れんばかりに花々が咲く谷間の山道に魅せられた一日
次々とお気に入りのスミレたちの登場でなかなか先に進めません

この日大勢で押しかけたにもかかわらず暖かく迎えて下さり親切に案内して下さったSさん、Nさん
同行して下さったみなさんにspecial thanks
盛りだくさんの内容に大満足の一日でした
本当にありがとうございました                           京都北部(2012.4.21)



イソスミレ

初めての出会いに感動
日本海という厳しい環境の中でも健気に咲く大輪の薄紫の花姿にしばし釘づけ


120421i1.jpg


ハマハタザオと一緒に

120421i5.jpg




120421i3.jpg




120421i4.jpg



アナマスミレ

こちらも見たかった海辺に咲くスミレ
鮮やかな紫が美しい
ノジスミレ、スミレを少し大きくしたような花姿でした

コウボウムギと一緒に

120421a3.jpg




120421a6.jpg




120421a5.jpg




120421a4.jpg




ハマハタザオ


120421hh1.jpg



集合場所に着く前にAさんがテリハタチツボスミレを発見

120421t1.jpg




ここが日本海とは思えないような穏やかな海
砂浜を歩くとキュッキュッと音がして心地よい

120421sea1.jpg



続スミレ紀行は
山道のスミレたちが登場です

  1. 2012/04/23(月) 01:21:32|
  2. スミレ
  3. | コメント:14

みどり湖の春

一度だけ行ったことがある豊根村のみどり湖
もう数年前のことで、どう走ったのか忘れてしまって^_^;
なんとか辿り着いた先にはしだれ桜咲く懐かしい光景が・・・・                (2012.4.15)





120415f1.jpg




120415f4.jpg




120415f3.jpg




120415f2.jpg








120415s2.jpg




120415s5.jpg




120415s3.jpg




120415s7.jpg



ここでのエイザンスミレも懐かしい

120415es1.jpg




  1. 2012/04/19(木) 22:37:51|
  2. 風景
  3. | コメント:8

クサタチバナetc.

ツヤスミレの咲く海岸近くで見かけた植物です
ガガイモ科のクサタチバナ、イヨカズラなどはまだ蕾だったり、新芽が出たばかりでしたが
これからが楽しみ                                   蒲郡(2012.4.15)



クサタチバナ

伊吹の山頂では数多く見ることが出来ますが、平地で自生してるとは(@_@)
以前はもっと個体数も多かったようですが、今ではここでは貴重な植物
花が咲いた頃、もう一度

120415kt1.jpg



イヨカズラ

海岸に咲くガガイモ科の植物
新芽が出たばかりです

120415ik1.jpg


オランダガラシ
オランダガラシと聞くと何だろうと思ってしまいますが、クレソンのことです

120415q1.jpg




ナワシログミ
ほんのり甘みがありました

120415ng1.jpg





120415ng2.jpg


キケマン

120415k1.jpg



ハマダイコン

120415hd1.jpg




ウラシマソウも

120415u1.jpg




こちらは大株

120415u2.jpg



この後、桜咲くみどり湖へ
  1. 2012/04/19(木) 01:10:56|
  2. 海辺の花
  3. | コメント:2

ツヤスミレ


ツヤスミレとの出会いは初めてで嬉しくなってしまいました
タチツボスミレの海岸型で、特徴は葉っぱにつやがあり
海辺の植物らしく葉も肉厚です
この辺りは通り過ぎるだけの町でしたが、お気に入りのスポットがまた一つ増えました    蒲郡(2012.4.15)



岩場に咲くツヤスミレ

120415t1.jpg




120415t2.jpg




120415t3.jpg




120415t4.jpg




120415t5.jpg




120415t6.jpg




海岸近くの道路脇でも

120415t7.jpg




120415t8.jpg



つやがあり肉厚の葉の様子がよく分かるでしょうか

120415t9.jpg




12041510.jpg


伊豆半島に咲くよく似た海岸型のスミレ、シチトウスミレにも似ていますが
それとは区別されているようです




次回に続きます
  1. 2012/04/17(火) 01:30:07|
  2. スミレ
  3. | コメント:6

イワナシ

サンインシロカネソウの咲く地を後にし、昨年色鮮やかなスミレサイシンが見れた赤坂山の裏登山道に立ち寄ってみたものの、林道は深い雪
見頃を迎えた伊吹のイワナシ観察に向かうことに
嬉しいことに以前より花数が増えたような気がしました                  伊吹(2012.4.8)


イワナシ

120408i1.jpg




120408i5.jpg




120408i4.jpg



シュンラン

120408sy1.jpg




レンプクソウ

120408r1.jpg



ヒメヒダボタンは一週間前と比べてあまり変化なし

120408hb1.jpg




アカヒダボタン

120408ab1.jpg



  1. 2012/04/16(月) 01:16:43|
  2. 山の花
  3. | コメント:2

サンインシロカネソウを求めて

以前から見たいと思っていた水辺に咲くサンインシロカネソウ
初めての出会いです
萼片の基部が暗紫色になっていて、とってもユニークな花姿
ソコベニシロカネソウの別名もあります
俯いて咲く花の撮影の難しいこと~^_^;                        滋賀(2012.4.8)



120408ss3.jpg




120408ss5.jpg




120408ss4.jpg




120408ss2.jpg




120408ss1.jpg




モミジチャルメルソウの葉っぱ

120408m1.jpg









トウゴクサバノオ                                 鈴鹿山麓(2010.4.8)

同じシロカネソウ属のトウゴクサバノオ
早朝で花が開いているかどうか心配でしたが
今年も見れて満足

120408t1.jpg




120408t3.jpg




120408t5.jpg




120408tg2.jpg



120408t4.jpg




シロバナネコノメソウ

120408s1.jpg



マッチ棒のような赤い葯が可愛らしい

120408s2.jpg





  1. 2012/04/14(土) 23:51:55|
  2. 山の花
  3. | コメント:8

スミレの小道は春爛漫

今年のマキノスミレの開花がきっと遅れていたのでしょう
いつもの年だったら3月中旬にかなりの花数が見れたのに
今頃になって、群生状態
咲いた、咲いた
嬉しいほどのマキノスミレ
スミレ咲く雑木林は春爛漫


120410m1.jpg




120410m3.jpg



こんなに色の濃いマキノスミレもありました

120410m7.jpg




たった一株だけでしたがフイリマキノスミレも

120410m6.jpg




120410m4.jpg




120410m12.jpg




120410m14.jpg




120410m13.jpg




120410m11.jpg






フモトスミレ

120410f1.jpg



フイリフモトスミレ

120410f2.jpg




120410m16.jpg




ニオイタチツボスミレ

120410ni2.jpg


こんなにいっぱい

120410ni3.jpg



アカフタチツボスミレ

120410a1.jpg




ニョイスミレ

120410n1.jpg



次回は週末の花々が登場です^_^


  1. 2012/04/13(金) 01:18:22|
  2. スミレ
  3. | コメント:8

ヒナスミレ


コケリンドウの咲く地を後にして向かったのは
毎年この時期楽しみにしているヒナスミレの自生地
かなり早くから咲き出し、いつもの年だったらもう終盤なのに
今年は今まで見たことがないような花数の多さに思わずニッコリ(*^。^*)
愛らしい姿はやっぱりスミレのプリンセス                          (2012.4.7)



ヒナスミレ

120407h5.jpg




120407h1.jpg




120407h3.jpg




120407h6.jpg




120407h4.jpg




120407h8.jpg








オトメスミレ


タチツボスミレの白花品で、距には紫色が残るのが特徴で
初めての嬉しい出会い
清楚な純白の可憐な花姿がなんとも可愛い


120407os1.jpg



120407os2.jpg




120407os6.jpg




120407os4.jpg




120407os5.jpg




120407os3.jpg




ナガバノスミレサイシン

120407s1.jpg



  1. 2012/04/12(木) 01:13:26|
  2. スミレ
  3. | コメント:6

晴れた日には

青空の広がる週末
こんな日はカメラ片手にプチドライブ
大急ぎで用事を済ませて向かったのはビタミンカラーの花咲く地
強風の中、タンポポとおしゃべりしてるかのように咲くオカオグルマ
元気いっぱいの姿をみせてくれました                            (2012.4.7)



オカオグルマ

120407o1.jpg




120407o3.jpg




120407o4.jpg




120407o2.jpg




120407o6.jpg




コスミレも

120407s2.jpg







コケリンドウ

小さなフデリンドウよりも更にに小さなコケリンドウ
淡いブルーの花はお気に入り
まだ数株ですが今年も咲き出しました


120407k2.jpg




120407k3.jpg




120407k4.jpg




120407k5.jpg



  1. 2012/04/10(火) 01:10:21|
  2. 野の花
  3. | コメント:6

伊吹野 その2

トンネルを過ぎるとそこには思いがけない雪景色
雪など滅多に見れない所に住んでいると先週に続いて、またまたシャッターチャンス
スミレサイシンなど期待していたのですが、深い雪の中
それはまた別の機会に                                   (2012.4.1)



120401f1.jpg




120401f2.jpg




120401f3.jpg




120401f4.jpg








ヒメヒダボタン

黄色のシベが可愛らしい
以前何度か見に行ったことがありますが、これ以上咲き進まないような~~
同じような時期だったかも^_^;


120401hb1.jpg




120401hb5.jpg




120401hb4.jpg



アカヒダボタン

120401ab1.jpg




タチネコノメ

120401tn1.jpg




120401tn2.jpg



お馴染みのヤマネコノメソウ
バックはセントウソウ

120401n1.jpg



ワサビ

120401w1.jpg







開花が楽しみな植物たち


ヒメニラ

120401hn1.jpg




ミチノクエンゴサク

120401me1.jpg



トウゴクサバノオ

120401ts1.jpg


次回が楽しみな伊吹野散策でした
  1. 2012/04/05(木) 01:59:19|
  2. 野の花
  3. | コメント:6

伊吹野その1

今シーズン初めての伊吹の花散策
セツブンソウのシーズンは終盤でしたが、懐かしい花々に再会出来
久しぶりに伊吹の友人にも出会え、嬉しい時間を過ごすことが出来ました            (2012.4.1)

お天気は雨が降ったり、時には雪なども降ってきて
いつか晴れないかなの期待もむなしく終日悪天候
就寝中のお花も多かったけれど、それでも嬉しい伊吹野散策



シュンランは花盛り

120401sy3.jpg



120401sy1.jpg




セリバオウレン

120401s1.jpg




120401s2.jpg




スハマソウ

お天気に左右される花々は就寝中

120401sh1.jpg




120401sh3.jpg




120401su1.jpg




120401sh4.jpg




キバナノアマナも就寝中

120401ka1.jpg




民家の庭で20年以上咲き続けてるというフクジュソウ

120401fu1.jpg




アズマイチゲ
終盤でしたが晴れてたら、きっと満開だったことでしょう

120401a1.jpg



ヤマエンゴサク

120401ye1.jpg



萼片の一部が緑色のセツブンソウ

120401se3.jpg




120401se2.jpg



こちらはほんのりピンク

120401se1.jpg


次回はネコノメソウの仲間と再会です

  1. 2012/04/04(水) 01:02:19|
  2. 野の花
  3. | コメント:4

すみれ草


「山路来て 何やらゆかし すみれ草」 
松尾芭蕉の有名な句ですが、この句の中のすみれとは
タチツボスミレのようです

少しずつすみれの花が身近な場所でも咲き出しました
マキノスミレは花期が遅れているのでしょうか
まだまだ楽しめそう                                    (2012.3.31)


マキノスミレ

120331m1.jpg




120331m4.jpg




120331m2.jpg




120331m3.jpg



タチツボスミレ

120331t1.jpg


ニオイタチツボスミレ

120331n1.jpg



さてどんな白花のスミレが咲くのでしょう
スミレに詳しい友人の話によると、唇弁の距に紫色を残すのが最大の特徴であるオトメニオイタチツボスミレでは?とのこと

120331o1.jpg




120331o2.jpg








こちらは別の場所で                                    (2012.3.25)




アオイスミレ

120325a2.jpg



咲き出したばかりのアオイスミレ

120325a3.jpg




120325a1.jpg







いつも見かけるものとは様子が違いますが、スミレサイシンのようです

120325s1.jpg




ここでもニオイタチツボスミレ

120325nt.jpg


こちらは昨日(4.1)伊吹で見たニオイタチツボスミレ
こんな花がオチビちゃんのものがあるとは初めて知りました

間違えました アオイスミレでした

120401ns1.jpg



次回は伊吹野散策です

  1. 2012/04/02(月) 20:38:33|
  2. スミレ
  3. | コメント:14

プロフィール

fumifumi

Author:fumifumi
ようこそ~♪
週末は野山にいます

くまック


ブログパーツの森

カレンダー

03 | 2012/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

from2012.4.23

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する