週末の散歩道

My daily photo

また逢えたね

週末は雨                     東三河 (2008.10.26)
曇りの天気予報が外れた一日でした
着いた頃にはきっと雨も止むと信じて出かけたもののやはり雨
この日は雨と仲良しになることに

数年ぶりのキッコウハグマです
こんなに小さな花だったのかしらと思いながらの挨拶
また逢えたね(^_^)

キッコウハグマ〈亀甲白熊〉(キク科)

1026k8.jpg


1026k2.jpg


1026k3.jpg


1026k5.jpg


1026k6.jpg


終盤のダイモンジソウでしたが、水辺で咲く姿が清楚でした

ダイモンジソウ (ユキノシタ科)
1026d1.jpg


1026d3.jpg


1026d4.jpg


1026d5.jpg


大群生のツメレンゲ
1026t3.jpg


1026t2.jpg






里山ではムラサキセンブリが咲く頃
この花が咲くと今年も野草の季節がそろそろ終わり
寂しくなります
薄暗くて様子を見に行っただけになりました(^_^;)

ムラサキセンブリ
1026m1.jpg


1026m5.jpg


ミカワマツムシソウ  蛇紋岩地帯に生育するこの地方だけの花
1026mm1.jpg


ヤナギノギク  こちらも蛇紋岩地帯だけに分布が限られています
1026q1.jpg

  1. 2008/10/30(木) 02:00:00|
  2. 山の花
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:14

旅する蝶

今年もアサギマダラの渡りの季節がやってきました      三ヶ根山 (2008.10.19)
ここ三ヶ根山が秋の南下移動の重要な場所になっているようです
1000~1700kmの長旅 行く先は遠く沖縄、鹿児島の島々です
この小さな体のどこにこんなバイタリティーがあるのでしょう~
この日も無数のアサギマダラが優雅に飛んでいました

1019a1.jpg


1019a3.jpg


1019a4.jpg


1019a5.jpg


1019a6.jpg


1019a7.jpg


1019a8.jpg


1019a13.jpg



1019a18.jpg

24日付けの新聞にここ三ヶ根山でこの日遠く函館から800キロ飛来したアサギマダラ発見の記事がありました
北海道からの南下が見つかったのは初めてのようです。
マーキング調査をされてる長野の方が見つけられたようです
撮影途中でお会いしたあの方だと思います

今年も無事な旅が出来ますように~
  1. 2008/10/25(土) 00:43:00|
  2. チョウ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:16

ホソバノツルリンドウ

週末は晴れ           南信州 (2008.10.18)
気になる植物を求めてまたまた遠出になってしまいました
環境省レッドデータブックによると絶滅危惧IB類(EN)(近い将来に絶滅する危険性が高い種)
に属す貴重な花 条件が揃わないと咲かないようですが
今年は当たり年なのか、想像以上の花数
なよなよした華奢なホソバノツルリンドウが頂上までお供してくれました

ホソバノツルリンドウ リンドウ科ホソバノツルリンドウ属
1018ha1.jpg


1018ha4.jpg


1018ha6.jpg


1018h3.jpg


1018h5.jpg


1018ha5.jpg



1018ha2.jpg






リンドウ科の花が咲き終わると野山の植物たちは冬支度を始めます
少し寂しくなりますね

リンドウ
1018r2.jpg


1018r5.jpg


1018r1.jpg






1600メートルの頂上から
1018f1.jpg


1018f6.jpg


1018f7.jpg


麓ではこんなに色づいていました
1018f2.jpg
  1. 2008/10/20(月) 00:32:33|
  2. 山の花
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

登山道で出会った木の実 草の実


足下でも秋の彩りが始まっていました     御嶽山  (2008.10.12)
可憐な花も憧れですが、実も可愛いですね

ゴゼンタチバナの実
1012m2.jpg


1012m1.jpg


シラタマノキの実 (別名シロモノ)
1012qm2.jpg


ユキザサの実?  透き通るような赤でした
1012qm.jpg


ナナカマドの実
1012n1.jpg


ツルリンドウの実 
1012t1.jpg

  1. 2008/10/19(日) 22:57:14|
  2. 木の実 草の実
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

彩りの頃 (御嶽山)

待ちに待った3連休、さてどこに行きましょう~        (2008.1012)
連日天気予報とニラメッコ
連休二日目、私にしては珍しく早起きして木曽の御嶽までロングドライブです
ロープウェーで7合目まで行き、そこから急登の山登りが始まります
途中で休んでばかり~
いつになったら着くのでしょう^_^;
汗ばむような陽気の中、ひたすら秋を求めて登りました
そこには見たこともないような色とりどりの世界が待っていました


登山口のある7合目からの朝の風景
1012a2.jpg


こんな道を登ります
1012a3.jpg


8合目から9合目は彩りの季節
1012a4s.jpg


1012a6.jpg


1012a13.jpg


ナナカマドの実が綺麗です
1012a7.jpg


1012a9.jpg


1012a10.jpg


1012b1.jpg


1012a12.jpg


ナナカマドの向こうに見えるのは8合目の山小屋女人堂
1012a15.jpg


1012a14.jpg


1012b7.jpg


1012b9.jpg


1012a16.jpg


帰りに立ち寄った7合目の行場山荘のちからもちぜんざいが美味しかった(^O^)
1012z.jpg



  1. 2008/10/13(月) 23:20:44|
  2. 風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:16

ミカワシオガマ

豊田市にある矢並湿地ではミカワシオガマが咲くこの時期、3日間だけ湿地が一般公開されました
昨年は公開日が雨のため傘をさしながらの撮影でしたが、青空の公開二日目、去年よりも多くのミカワシオガマを見ることが出来ました
絶滅危惧種ⅠB類に属す貴重な植物
絶えることがありませんように~

ミカワシオガマ ゴマハノグサ科        (2008.10.11)

1011m8.jpg


1011m1.jpg


シラタマホシクサと一緒に~♪
1011m3.jpg


1011m4.jpg


1011m5.jpg

「ミカワシオガマは、山地の草原に生える多年草で、シオガマギクが湿地で変化したもの。高さ30~50センチメートルの茎先に赤紫色の花を咲かせます。市内では7か所で確認されています。環境省のレッドデータブックによると、自生のミカワシオガマは全国で約600株と推定され、矢並湿地には、約60株が自生しています。」(豊田市HPより抜粋)






ヘビノボラズの実
1011hn1.jpg


シオデの実
1011s1.jpg


サワヒヨドリ
1011sh1.jpg







  1. 2008/10/13(月) 14:36:23|
  2. 湿生植物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

秋を求めて

期待していた休日は曇り空、まぁ~、雨さえ降らなければと思って出かけたものの
途中からフロントガラスには水滴が~
それでも見たかったコシオガマ目指して走りました
名前の通り、シオガマギクの小型版といった感じで可愛い花でした
独り占めのコシオガマ、やっと逢えたね~(^^♪          豊田&南信州 (2008.105.)

コシオガマ ゴマハノグサ科コシオガマ属

105ko1.jpg

花姿がママコナに似ていますね
105ko4.jpg


105ko2.jpg

近くにはカラスノゴマ、ヤマハッカ、シラネセンキュウ、オトコエシなどが咲いていました

ヤマハッカ
105h1.jpg

シラネセンキュウ レースのようです
105q1.jpg


オトコエシ
105o1.jpg

ノコンギク
105ng1.jpg






少し走れば南信州
大好きなマルバノキも紅葉し始めました
このグラデーションがなんとも素敵で標高の高さを感じました

マルバノキの紅葉
105m3.jpg


105m2.jpg


105m1.jpg

足下を見れば咲き始めたばかりのセンブリの姿が見えました
リンドウは雨のため閉じています

センブリ
105s1.jpg

105s6.jpg


105s5.jpg

真っ赤なマイヅルソウの実を期待したのですが終盤でした
105ma1.jpg

ナギナタコウジュ
105n2.jpg

105n4.jpg






帰り道に咲いていた赤ソバの花
段々畑はピンクの絨毯でした
105sb1.jpg


105sb2.jpg


105sb4.jpg



  1. 2008/10/08(水) 19:22:57|
  2. 野の花
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

キイジョウロウホトトギス

週末は最高のお天気で散策日和          豊田 松平郷 (2008.10.4)
でも用事があって出かけられなく午後から植栽されたものですが
見頃だというキイジョウロウホトトギスを見てきました
何度か行った場所なのに花の時期は初めてで
乱獲で絶滅危惧種に指定されている珍しいホトトギスが
感動は少ないもののどんなものか見れたのは良かったかも~
紀伊半島の山の湿度の高い岩肌に自生しているようです


キイジョウロウホトトギス ユリ科
104k1.jpg


104k2.jpg


104k3.jpg

104k5.jpg





ここにも小さな秋がありました

アキアカネ
104a1.jpg

ツリガネニンジン
104tn1.jpg


ガマズミの実
104g.jpg


シュウメイギク
104s1.jpg


104s2.jpg


ハスの実
104h1.jpg


104f.jpg


一時間ほどの散策でした
次の日はお花探しです~♪
でもお天気が(-_-;)



  1. 2008/10/07(火) 01:45:26|
  2. 山の花
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

小さな足音

長過ぎた夏も終わり どこからか秋へと続く小さな足音が聞こえてきそう
野辺や湿原にも見慣れた季節の花が咲き始めました        新城 豊橋 (2008.9.28)

シモバシラ
咲き始めたばかりの白くて清楚な花
寒い冬の朝には氷の華シモバシラが出来る植物ですが  
自生地でそれを見ようとするにはかなり早起きしないと無理なため 私には(-_-;)
928s6.jpg


928s8.jpg


928s1.jpg


928s5.jpg

カラスノゴマ
928kg4.jpg

ヒメミカンソウ
928hm2.jpg

少しトリミングしてみました
本物の青いミカンのようでしょ~
928hm3.jpg


アイナエ
928a1.jpg



畦道の植物も今が花盛り~♪

スズメノトウガラシ
928st2.jpg

928st1.jpg

イボクサ
928it.jpg

サクラタデ
928sa2.jpg


928sa1.jpg


マメアサガオ
928ma1.jpg

マルバルコウソウ
928mr1.jpg


ミゾソバ
928mi1.jpg



葦毛湿原へと続きます



[小さな足音]の続きを読む
  1. 2008/10/01(水) 01:05:50|
  2. 野の花
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:15

プロフィール

fumifumi

Author:fumifumi
ようこそ~♪
週末は野山にいます

くまック


ブログパーツの森

カレンダー

09 | 2008/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

from2012.4.23

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する